指導者レッスン

指導者レッスン:School for the teacher/instructor/therapist

良き師である前に、良き生徒でありなさい
(Vanakkam Yoga School  by master Sudhakar)

 

例えば私たちは一般社会に出るために
多くの時間を学びに費やしてきた
そして”一般知識”を身につけていく

学校の教師になるためにどれだけ学校で勉強するだろう


小学校
1日7時間として 年間 300日前後 約 2100時間
6年間 約 12000時間


中学校
3年間 約 6000時間


高校
1日8時間程度として 年間約 2400時間
3年間 約 7200時間

大学
1単位45時間 125単位取得が基本 5250時間 + α

⌘合計:30450時間


IMG_8582.jpg

(第1回指導者レッスン 2018.10)

これで、やっと学校の先生と言われるわけです.
あと、自主勉強も入れたらざっと 45000時間は超えるはず.

 

なのに、、、
ヨガの指導者は200時間?500時間?
ピラティスの先生は50時間?
どこそこの企業のマッサージができるようになるための研修が30時間???

 

そんな時間で”身体”という宇宙を
理解できるわけがありません.

そもそも”システムがおかしい”ということに
クラスを受ける側も気づいて欲しいのです.

 

だからこそ ”学び場” が必要です.
昔でいう、寺子屋のような存在.

学びは終わるものではなく、
指導する立場である限り、学び続ける.

これが当たり前のことと思っています.

だから、私が住む札幌という場所で
継続的に学びを深める場所を作ります.

どこから参加してもいい
いつやめてもいい
いつ復帰してもいい

そんな気軽な場所を札幌に作ります

インストラクターという職業はとても素晴らしい職業です
病気になる前の”未病”の方と多く関わることができて、健康への手引きができる.
病院に来る前に、”良き方向へ”導くことができるのですから^^


【日程】
毎月 第2〜3週目月曜日 19:00前後から

⌘スケジュール(2019年)⌘

1月21日
2月18日
3月18日

会場:ヨガセラ or 西区か白石区民センター 他


【料金】

6000円


【内容】 *毎回が一回ごとに新しいテーマを設けています

・東洋思想を学ぶ

五行を理解するために必要なこと

・アーユルヴェーダの思想を学ぶ

ドーシャの考えを取り入れて、人を観る

・AsanaのためのPractice

Asanaの効能を知る
Adjustmentのためのレッスン
シュクシュマヴィヤヤーマ

・身体理論を学ぶ

痛みとは何か
快適に動くとは何か
身体構造の原理原則

・ヨガの思想を生活に取り入れるための話

ヨガとは
健康とは
愛とは・・


IMG_9284.jpg

(第2回指導者レッスン 2018.11)